映画『マルタのことづけ』の感想

~初めて居場所を見つけ、初めて愛を知った~

映画「マルタのことづけ」の感想とあらすじです。
ややネタバレもあります。
シネリーブル梅田で見ました。

EPSON018.JPG

不治の病を題材にした映画は正直あまり好きではないのですがにっこり
これ、思った以上に良かったですキラーン

家族の隙間に自分の居場所を見つけ、存在価値を見出した。
そこで、必要とされること、大切にされること、愛されること、そして、愛することを初めて知った。

人は一人じゃ生きられない。
人は人と繋がって、迷惑をかけ、必要とされる。

予告を観た時は、
「孤独に生きてきた女性が不治の病に係った天使のような中年女性と出会い、その中年女性とその愛情溢れる理想的な家族と交流を持ち、愛の大切さを知る感動的なヒューマンドラマ」
みたいな内容だと思ってました。

でもこの映画に出てくる人達は決して天使のようでも、理想的でも完璧でもなく、すごくリアルでした。
母の死を身近に感じながらも日常を生きる家族。
兄弟喧嘩をしたり、学校をサボったり、母の看病より自分の都合を優先させたりする。

細かい描写も凄くリアルで
「監督さんは大切な人を病気で亡くした経験があるのかな?」と思ったら、
この映画自体、監督の実体験をベースにしたものだそうです。
しかも、次女ウェンデイ役はウェンデイ本人が演じているんだそうです。

以下、ややネタバレありますので、ご注意を↓

EPSON019.JPG

周りと距離を置き、孤独に生きる女性クラウディア。

クラウディアはある日耐え難い激痛に見舞われERに駆け込む。
そこで偶然、4人の子どもを持つ女性マルタと隣り合わせになる。

マルタの子どもは、
家計も家庭も介護も一手に引き受けるしっかり者の長女アレ。
一見開けっぴろげでおしゃべり好きな陽気性格に見えるが、自分の価値を見だせずに人知れずもがく次女ウェンデイ。
お洒落と男の子にしか興味のない、自己中心的なザ・ティーンエージャー3女マリアナ。
人恋しさからか人懐っこく甘えん坊な末っ子アルマンド。

マルタは子ども達と残り少ない時間を楽しく過ごしたいが、
気持ちに裏腹に体がついていけない。

マルタの子ども達は母親を思う気持ちはあるものの、
それぞれが自分自身の人生躓き、母親を失うであろう寂しさを抱えている。

クラウディアは孤独に生きてきたため、
マルタの家の騒々しさ最初戸惑ってしまう。

しかし、家族の中心であっただろう母親が病に侵され、
その吸引力が薄れ、家族に微妙な隙間が出来ていた。
その隙間に居心地の良さと自分の存在価値を感じ始めるクラウディア。

アルマンドの面倒を見たり、
散らかった家を片づけたり、
マルタの看病をしたり。

人の役に立ち、人から必要とされることに喜びを感じるクラウディア。
孤独に生きてきたクラウディアはやがて人との絆を深めていくこと、
生きることの素晴らしさを知る。

息を引き取ったマルタは最後に子どもたち一人ひとり、そしてクラウディアに手紙を残す。
それを聞くマルタの誇らしそうな、自信に満ちた顔がそれを物語っていた。

この映画、子どもたち一人ひとりが良い子過ぎない所が良かった。
悪人ではないけど、天使ではない。
完璧すぎない処が良い。

人間なんてそんなに完璧ではない。
そして、そんなに捨てたものでもない。

マルタ達一家に自然と溶け込んでいったクラウディアだけど、
家族と他人であるクラウディアに微妙な一線があるのも良い。

映画序盤に、マルタの病室に足しげく通うクラウディアにウェンデイが
「ねぇ、私たち家族といて楽しい?」と聞く。
なんて的を得た質問なんだろうと思った。

エイズ末期の患者とその家族。
マルタの人柄が魅力的とはいえ、なぜマルタやその家族のもとに足しげく通うのか。
そこに彼女の孤独が感じられる。

クラウディアの目線で描かれているものの、
クラウディアはほとんどその心情を口にしない。
しかし、その心の内は見るものに自然と感じられる作りになっている。

クラウディアはマルタと知り合い、マルタと交流し、マルタを失うことで何かを得た。
それは、愛と言ってしまうとなんだか陳腐だけど、
人は一人じゃ生きていけない。

人と繋がり、人と支えあって、人に迷惑をかけながら生きていく。
クラウディアとそして、残されたマルタの子どもたちの生きていく道が明るく輝いていることを願わずにはいられない。

ヤフー映画のユーザーレビューでは3.38点。
私の勝手な採点はお気に入りの★4つ。

星星星星

次におすすめしたい記事

おすすめ記事の続きを見る
  • 映画の感想を見るなら↓
    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    にほんブログ村
  • ランキング参加中。クリックプリーズ。↓
  • W座からの招待や発掘良品では映画愛を感じられる作品がラインナップされてます↓

映画レビューデータ

タイトル : マルタのことづけ

ジャンル : ドラマ

キーワード : 人生賛歌 , 南米映画 , 家族 , 感動 , 病気

評価 : 4つ☆ / 5つ☆

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

この記事のトラックバック Ping-URL
トラックバックはご自由にどうぞ。
トラックバックは承認制です。管理人が承認後アップされます。
http://www.yummy-ton.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/654

ミニシアター系映画好きなアラフォー女が珈琲を片手に映画を見た感想、レビューとかあらすじとか綴ってます。たまにネタバレも。

ミニシアターで観た新作映画からWOWOWやスカパー、JCOMオンデマンドで見た旧作映画まで幅広く紹介していきます。

タグクラウド
最新ブログ記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ツイッター
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
検索
フィード
リンク
sozai by

上に戻る