映画『スローなブギにしてくれ』の感想

~中身よりもイメージ重視~

映画「スローなブギにしてくれ」の感想とあらすじです。
JCOMオンデマンドで見た映画です。

slow-boogie.jpg

なんとなーく知ってたけど、見たことなかった映画。

80年代の片岡義男原作の角川映画とくればなんとなく「あーあんな感じね。」と分かってくれた方はそのままのイメージで間違いない。

イメージ先行型と言うか、
なんとなくあやふやでつかみどころがないんだけど、
そこになんか深い意味があるような気がして、
そんなテイストが都会的でお洒落な風に見える80年代らしい映画。

片岡義男原作ものと言えば、
男はバイクに乗ってたり、スポーツカーや外車に乗ってたりする。

女はなんとなくアンニュイでイノセントでいながら時に唐突に衝動的で大胆で実に魅惑的。
女も男も実に生活臭がしないというか、現実味がない。

なんかねー、映画全体が男目線なんだよね。
男にはどこまでも甘いく、
女は男に実に都合の良い奔放さと従順さを併せ持つ。

この映画は初めて見たけど、片岡義男原作の角川映画の「メイン・テーマ」「彼のオートバイ、彼女の島」はリアルタイムで見た。
なんかテイストは同じなんだけど、この映画の方が「各上」感が漂う。
他の2つは、アイドル映画って感じだど、この映画は出ている俳優陣が良いわ。

主役のさち乃演じるアンニュイな浅野温子がいい。
いやー本当に可愛かったんだねー。

さち乃の彼氏役の背高のっぽな古尾谷雅人も男臭くていい。

そうそう、俳優陣は男臭い面々よね。
みんな渋くて素敵。
ムスタングの男、山崎務。
その男と1人の女を共有する男、原田芳雄。
さち乃がバイトするバーのマスター、村田日出夫。
最後の方に出てくる刑事、石橋蓮司。

しかし、古尾谷雅人も村田日出夫も原田芳雄も故人なんだよね。
なんかしんみりするね。

そんな芸達者が揃う中、すっごい美人なんだけど、芝居が下手な女優さんがいて妙に浮いてたな。
浅野裕子さんというお方。
あと、全然セリフがない竹田かおり。

男の役者は力量を買われて、女の役者は見てくれで選んだって感じだな。
まぁー80年代の角川映画ですから。

浅野温子は光ってるし、嫌いじゃないけど、男目線過ぎていまいち乗り切れない。

ヤフー映画のユーザーレビューでは3.5点。
私の勝手な採点ではごめんなさい★2つ。

星星

Tag : 官能 , 邦画 , 青春

次におすすめしたい記事

おすすめ記事の続きを見る
  • 映画の感想を見るなら↓
    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    にほんブログ村
  • ランキング参加中。クリックプリーズ。↓
  • W座からの招待や発掘良品では映画愛を感じられる作品がラインナップされてます↓

映画レビューデータ

タイトル : スローなブギにしてくれ

ジャンル : ロマンス

キーワード : 官能 , 邦画 , 青春

評価 : 2つ☆ / 5つ☆

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

この記事のトラックバック Ping-URL
トラックバックはご自由にどうぞ。
トラックバックは承認制です。管理人が承認後アップされます。
http://www.yummy-ton.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/671

ミニシアター系映画好きなアラフォー女が珈琲を片手に映画を見た感想、レビューとかあらすじとか綴ってます。たまにネタバレも。

ミニシアターで観た新作映画からWOWOWやスカパー、JCOMオンデマンドで見た旧作映画まで幅広く紹介していきます。

タグクラウド
最新ブログ記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ツイッター
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
検索
フィード
リンク
sozai by

上に戻る