映画『ストックホルムでワルツを』の感想

~これは単なるサクセスストーリーじゃない~

映画「ストックホルムでワルツを」を見た感想・レビューとあらすじです。

シネリーブル梅田で見ました。
多分、シネリーブル梅田ではイチオシ、ゴリオシ中なんだと思います照れ
結構前から、ホールなどで予告流しまくってました。


EPSON034.JPG

予告見た感じだと、
「歌手になることを夢見る若くて綺麗な金髪女性が家族の反対にあいながらも夢を叶えるサクセスストーリー」
みたいな映画かなと思ってた。

しかーし、こんな可愛らしいチラシのイメージと中身とは異なり、
これはモニカ・Zの綺麗ごとだけじゃない、単なるサクセスストーリーじゃないもっとパンチの効いた本質に迫った半生記なのでした!

あらすじ

スウェーデンの小さな田舎町で5歳の娘と両親の家で暮らしているモニカは今は電話交換手の仕事をしているが、歌手になって成功する夢を捨てきれずにいた。
ジャズクラブで歌うモニカにNYのライブで歌うチャンスが巡ってきたが、願った結果は得られなかった。
モニカは父親の説得もあり堅実に生きていこうと決心する。
しかし、仲間の説得もあり、家族の反対を押し切って、再び歌の巡業に出てしまう。
そこで、ベーシストのストゥーレにスウェーデン語でジャズを歌うことを勧められ。。。

EPSON035.JPG

才能があって、野心もある、が、お金もコネもない、若くて綺麗な女性。
この手の女性は自我が強く、傲慢で強欲で自惚れ屋だ。
そうじゃなきゃ、夢なんか追えない。
自分に自信がなきゃ人前で歌なんか歌えない。

そういう女の狡さ、したたかさもきちんと描いてる点が好感持てる。
これで天使のような性格だったら全くもって絵空事で、全く持ってつまらない。

ベーシストのストゥーレが登場した時に、「おっ。モニカの運命のお相手が登場か。」と思ったけど、
モニカは「あのおとこは所詮その他大勢ってタイプだから私とは釣り合わない」みたいなことを言っちゃうんだよね。
若さゆえの傲慢。
いやーいいよ♪
綺麗ごとだけ描いたってつまらない。

ストゥーレに連れて行ってもらったパーティではちゃっかり新進気鋭の映画監督をゲットして、
翌朝、娘を田舎から連れ出すために、ストゥーレのアッシーにしたり。
なんだか、すっごい傲慢。
いやーいいよ♪

EPSON039.JPG

モニカと同棲した映画監督がなかなか心に残るセリフを言ってた。
ストゥーレとの中を疑われ、「妬いてるの?」と聞くモニカに、
「あいつに同情してるんだ。あいつはお前の甘えを愛だと勘違いしている。」って答えるの。
あーそうだよね。
って納得。

モニカにはストゥーレの愛というか、献身が必要なんだけど、
ストゥーレよりもっと魅力的なものを求めているの。
若さって傲慢よね♪(しつこいわ。)

「君は喝采がないと3分と居られない。孤独に耐えられないんだ。だから、誰にでも媚を売る。誰からも好かれたいからだ。」
そうか、モニカはバンドメンバーだったりファンだったり、誰にでもやたら愛想の良い。
フレンドリーな性格かと思ってたけど、孤独に耐えられないタイプだったのか。
孤独に耐えられないというより、脚光から少しでも外れると不安にかられるタイプなんだよね。

スターとか水商売とかそういった人気商売をしてると、
表舞台にいる光が当たってる時と光があたっていない舞台裏のギャップが上手く埋められなくなって、
不安とか孤独感だけが大きくのしかかってしまったりするんだろうね。
それで、お酒とか薬とかに頼ってしまうんだろうね。

私は全てを手に入れた。という割にいつも不安そうなモニカ。

モニカがパパに「お前はいつも現状で満足しない。もっともっとときりが無い。
子どもの頃からそうだ。いつも木の天辺まで登らないと気が済まない。
だからいつもケガばかりしていた。」と言われ、
「パパも努力すれば天辺から見下ろせたのに。
天辺から見る景色は最高よ。」
と言うモニカ。

成功は必ずしも幸福ではない。そもそも幸福って何だ?
色々哲学的なことまで考えてしまったわ。

EPSON040.jpg

そして、なんと言っても音楽がいい。
ジャズとか全然詳しくないけど、あーこの曲って思わず一緒に口ずさみたくなる音楽。

スウェーデン語って全然分からないけどフランス語っぽい感じで、
それでジャズを歌うと、これが不思議と良い感じでした。

それと、やっぱり、スウェーデンの60年代のレトロなファッションやインテリアも素敵ダブルハート
モニカの娘ちゃんの着古したカーデガンの色合いがいいんだよねーハート
モニカのスカーフをヘアバンドにしてるファッションも素敵ハート

ヤフー映画のユーザーレビューでは3.96点。
私の勝手な採点はもう一度じっくりと観たいなぁと思うので、★4つハート

星星星星

次におすすめしたい記事

おすすめ記事の続きを見る
  • 映画の感想を見るなら↓
    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    にほんブログ村
  • ランキング参加中。クリックプリーズ。↓
  • W座からの招待や発掘良品では映画愛を感じられる作品がラインナップされてます↓

映画レビューデータ

タイトル : ストックホルムでワルツを

ジャンル : バイオグラフィ

キーワード : サクセスストーリー , バイオグラフィ , ファッション , 音楽

評価 : 4つ☆ / 5つ☆

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

この記事のトラックバック Ping-URL
トラックバックはご自由にどうぞ。
トラックバックは承認制です。管理人が承認後アップされます。
http://www.yummy-ton.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/683

ミニシアター系映画好きなアラフォー女が珈琲を片手に映画を見た感想、レビューとかあらすじとか綴ってます。たまにネタバレも。

ミニシアターで観た新作映画からWOWOWやスカパー、JCOMオンデマンドで見た旧作映画まで幅広く紹介していきます。

タグクラウド
最新ブログ記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ツイッター
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
検索
フィード
リンク
sozai by

上に戻る