映画『百円の恋』の感想

~恋をして、失って、分かる、生きることの充足感。~

映画「百円の恋」を見た感想です。
シネ・リーブル梅田で見ました。

EPSON062.JPG

死んだような目をした自堕落な生活を送る32歳のパラサイトシングルな独身女が
恋をして、失って、そして戦った。
一度でも勝ちたかったから。
誰のためでもなく自分のために。
生きることの充足感を得るために。

あらすじ

一子は自宅でダラダラと自堕落な生活を送るニートな独身彼氏なしの32歳。
離婚して出戻って来て家業の弁当屋を手伝う妹の二三子と折り合いが悪く、
激しい姉妹喧嘩の末に一子は家を出て1人暮らしをすることに。

一子は近所のコンビニで働き出した。
そこには社会の底辺で生きる個性的な面々が集っていた。

一子はコンビニ近くのボクシングジムのボクサー狩野に恋をする。
狩野のひたむきにボクシングをする姿に触発され、
やがて自分自身もボクシングにのめり込んでいく。

前半は一子の生活そのままのようにダラダラしたテンポで進んでいく。
一子の働くコンビニで社会の底辺の縮図のような世界を垣間見る。
特に、40過ぎたフリーターのおっさんが最高!
ほぼ彼の独壇場ドクロ
こういう人いるよねーって感じ。

誰ってわけではなく社会の底辺にいる「いけてないインチキ臭い変な奴」そのもの。
学生の頃にバイトしてた店とかにいたなぁ、こういうおっさん。
変な詩を書いてプレゼントしてくるおっさんとか。
カラオケでのハモリに命をかけてるおっさんとか。
ただの学生バイト相手に熱く説教垂れるおっさんとか。
売上を持ち逃げしたおっさんもリアルにいた。

EPSON063.JPG

賞味期限切れの弁当を持ち帰る変なおばさん役の根岸季衣も逸品。
根岸季衣は普通のおばさん役やるとすごく味があるなといつも思ってたけど、
こんな変なおばさん役やらしても上手いんだねー。

一子は狩野に出会ってボクシングに興味を覚える。
一子は狩野に恋をして、狩野はなんとなく一子の部屋に居ついちゃうんだけど、
ある日フラッと出ていったまま帰らなくなった。
狩野を失った一子はますますボクシングにのめり込んでいく。

後半はぐーんとテンポ良くなって、一子がガンガン!いくよ!
一子がボクシングにのめり込んで、がんがん、ボクシング。
一子の顔付がシャープになって、目つきにも生気が戻ってくる。

最後の試合が終わって、一子が狩野の前で大泣きするシーンは正直あまり好きではない。
でも、それ以外は文句なく好きな映画だなぁ。

安藤サクラはやっぱり凄いね!
安藤サクラの凄さは、自分が美しく撮られることにこだわらない所にあると思う。
人間は見た目じゃない中身だよ!なんて見た目の良い人に言われても説得力ないけど、
安藤サクラには説得力がある。
見た目の綺麗さじゃない人間の魅力を体現できる日本では数少ない女優だと思う。

そして、新井浩文はやっぱり格好良いね。
不愛想で不器用で男臭い。
間違っても草食系ではないね。

面白かった。
Yahoo映画でみんなの評価は4.1点。
私の評価も4点。
お気に入り映画入りよん。

星星星星

次におすすめしたい記事

おすすめ記事の続きを見る
  • 映画の感想を見るなら↓
    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    にほんブログ村
  • ランキング参加中。クリックプリーズ。↓
  • W座からの招待や発掘良品では映画愛を感じられる作品がラインナップされてます↓

映画レビューデータ

タイトル : 百円の恋

ジャンル : コメディ

キーワード : スポ根 , 女性賛歌 , 安藤サクラ , 恋愛 , 邦画

評価 : 4つ☆ / 5つ☆

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:1

この記事のトラックバック Ping-URL
トラックバックはご自由にどうぞ。
トラックバックは承認制です。管理人が承認後アップされます。
http://www.yummy-ton.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/691
『百円の恋』お薦め映画 from 作曲♪心をこめて作曲します♪ 2015-05-30 01:49
職場でも男からも残念な扱いをされている一子だが、後半、アッと驚く変身を遂げる。映画の中の一子にも、そして演じている安藤サクラにも、私は感動してしまった。ボ...

ミニシアター系映画好きなアラフォー女が珈琲を片手に映画を見た感想、レビューとかあらすじとか綴ってます。たまにネタバレも。

ミニシアターで観た新作映画からWOWOWやスカパー、JCOMオンデマンドで見た旧作映画まで幅広く紹介していきます。

タグクラウド
最新ブログ記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ツイッター
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
検索
フィード
リンク
sozai by

上に戻る