映画『ベイマックス』の感想

~懐かしいこの癒し系。あなたはもしや、ドラえもん?~

映画「ベイマックス」の感想、あらすじです。
TOHOシネマズ梅田で見ました。

EPSON078.JPG

さすが、ディズニー。
文句なく面白かったーハート
でも何だろう?この王道的な鉄板的な、懐かしいような・・・

丸みを帯びたフォルムの癒し系ロボットと人間の仲間たちが団結して悪を倒す!みたいなこの感じ・・・
仲間の1人はでっかくて、
もう1人はお金持ち、
仲間には女の子もいて・・・

ハッショック...ドラえもん?!

あらすじ(公式HPより)

かけがえのない大切な人を失った時、ぽっかりと胸にあいた穴はどう治せばよいのだろうか。
最愛の兄を失い心に深い傷を負った14歳のヒロの前に現れたのは、何があっても彼を守ろうとする一途な<ケア・ロボット>ベイマックスだった。

日本とサンフランシスコからインスピレーションを得た架空都市サンフランソウキョウを舞台に、壮大なスケールで描かれる二人の絆の物語は問いかける―「優しさで世界を救えるか?」

EPSON080.JPG

ベイマックスのプヨプヨ感が堪らない。
プヨンプヨンとベイマックスが歩いてるだけで十分に癒されてしまいそう。
ちょっとした仕草とかで、表情のない顔でロボットなのに、感情が伝わってくる。

日本での売り方は「癒し系」だけど実は「ヒーロー物」という口コミを見てたからか、
私の印象としては、やっぱり「癒し系」ハート
ほんわかするぅーコーヒー

EPSON081.JPG

アメリカの人気ドラマ、ビッグバンセオリーといい、オタク文化は今ではある種のクールな流行となってるようだ。
ベイマックスで活躍する仲間たちも「科学オタク」の面々だ。

オタクと言っても、日本でのイメージとのオタクとは一線を画する。
日本のオタクの一般的なイメージは、アニメ好き、アイドル好き、コミュ障、キモイみたいな。
アメリカのオタク君は、アニメ好きでコミュ障ではあるが、もうちょっとブルジョワというか、高学歴で専門的な分野に長けている。
ただ単にキモイ人ではなく、頭は非常に良く、人当りはイマイチかもだけど実は根は悪くない人で、どこか尊敬できるところがあるって感じ。

今までもこの手のキャラは案外重宝がられていて、チームに1人はコンピュータオタクみたいな存在がいた。
でも、今の流行りは、チーム全体がオタク君で編成されてるってこと。
ベイマックスの場合、チーム全員が科学オタクである必要性はあんまり感じないけどね。

EPSON082.JPG

ベイマックス、前述したとおり、なんとなくドラえもんの映画を彷彿させる、愛と勇気と友情の物語。
ドラえもんより一般向けというか、大人でも楽しめる映画になってます。
ドラえもんも大人が見ても感動するけど、大人だけで見に行く人はかなりのニッチ。
ベイマックは大人だけで見に行ってもOKと言うか、デートムービーとしてもおすすめなくらい。

ヤフー映画のユーザレビューはかなり高得点の4.32点。
私の勝手な評価も高得点の★4つですハート

★★★★

アカデミー賞受賞

  • 長編アニメ映画賞

次におすすめしたい記事

おすすめ記事の続きを見る
  • 映画の感想を見るなら↓
    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    にほんブログ村
  • ランキング参加中。クリックプリーズ。↓
  • W座からの招待や発掘良品では映画愛を感じられる作品がラインナップされてます↓

映画レビューデータ

タイトル : ベイマックス

ジャンル : アニメ

キーワード : アニメ , ヒーロー , ファミリー向け , 冒険 , 少年

評価 : 4つ☆ / 5つ☆

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

この記事のトラックバック Ping-URL
トラックバックはご自由にどうぞ。
トラックバックは承認制です。管理人が承認後アップされます。
http://www.yummy-ton.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/695

ミニシアター系映画好きなアラフォー女が珈琲を片手に映画を見た感想、レビューとかあらすじとか綴ってます。たまにネタバレも。

ミニシアターで観た新作映画からWOWOWやスカパー、JCOMオンデマンドで見た旧作映画まで幅広く紹介していきます。

タグクラウド
最新ブログ記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ツイッター
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
検索
フィード
リンク
sozai by

上に戻る