映画『薄氷の殺人』の感想

~カギを握るのは危ういまでに美しく儚げな女だった~

映画「薄氷の殺人」を見た感想です。
シネ・リーブル梅田で観ました。

EPSON068.JPG

1999年のバラバラ死体事件。そして、5年後、再び同じようなバラバラ死体事件が起こった。
捜査線上に浮かび上がった、事件をつなぐ1人の女。
事件のカギを握るのは危ういまでに美しく薄幸そうな儚げな女だった。

事件を追いかける1人の刑事ジャン。
「ついて来ないで」と女は言った。
超えてはいけない線を越えても尚も真相に迫ろうとする男。
女の抱える秘密とは?

あらすじ

1999年、中国の北で6都市15か所の石炭工場で、
バラバラに切断された男の死体の発見された。
被害者はリアン・ジージュンと判明した。

捜査を進めていくと、トラック運転手のリウ兄弟が有力な容疑者として浮上する。
ジャンを含む刑事4人はリウ兄弟を拘束。
ところが思わぬ銃撃戦が勃発し、兄弟とふたりの刑事が死亡。
ジャンも銃弾を浴びて病院送りになった

5年後の2004年。
再びバラバラ殺人が起こる。
どちらの事件も5年前の被害者リアンの妻ウーに関連があると言う。
この事件に興味を持ったジャンは個人的に捜査を始める。

EPSON069.JPG

思ったよりサスペンス部分が面白くなかった。
やや2時間ドラマ的な。
陳腐と言うかなぁ。

期待しすぎたのかなぁ。
予告がこう掻き立てられるものがあったからねー。
予告は良かったんだけどねー。

EPSON070.JPG

ストーリーでなく、映像で押してくるタイプの映画かなぁ。
印象的な映像場面がいくつもあった。

ジャンとウーの吐く息でどんどん真っ白になっていく映像とか。
観覧車から見た「白昼の花火」の映像とか。
ジャンが振り返た後ろにそびえたつ「白昼の花火」の映像とか。

出演者はほぼ武骨な男達の中でほぼ唯一の女。
荒地に咲くかよわい一輪の花のよう。
ほぼ暗い映像の中で綺麗なものは女優の顔くらい。

元々綺麗な女優さんなんだけど、ここまでされるとせつないほど綺麗に見える。
表情もセリフもほとんどないので、女優のアラも見えず、心にその美しさだけが残る。

EPSON071.JPG

ジャンも良かった。
儚く危ういウーにのめり込みながらも、真相を暴いていく男。
変なダンスを踊ったり。
まったく恰好良い設定でもないのに、なぜか魅力的。

けどねー。映像の良さの割にストーリーがねー。

ヤフー映画のユーザーレビューでは3.16点。
私の勝手な採点は★2つ。
んー。イマイチでしたハートブレイク

★★


ベルリン国際映画祭

  • 金熊賞:ディアオ・イーナン
  • 銀熊賞(男優賞):リャオ・ファン

【映画情報】

  • 監督:ディアオ・イーナン
  • 脚本:ディアオ・イーナン

次におすすめしたい記事

おすすめ記事の続きを見る
  • 映画の感想を見るなら↓
    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    にほんブログ村
  • ランキング参加中。クリックプリーズ。↓
  • W座からの招待や発掘良品では映画愛を感じられる作品がラインナップされてます↓

映画レビューデータ

タイトル : 薄氷の殺人

ジャンル : サスペンス

キーワード : アジア映画 , クライム , サスペンス , ベルリン映画祭 , 悲恋

評価 : 2つ☆ / 5つ☆

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

この記事のトラックバック Ping-URL
トラックバックはご自由にどうぞ。
トラックバックは承認制です。管理人が承認後アップされます。
http://www.yummy-ton.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/690

ミニシアター系映画好きなアラフォー女が珈琲を片手に映画を見た感想、レビューとかあらすじとか綴ってます。たまにネタバレも。

ミニシアターで観た新作映画からWOWOWやスカパー、JCOMオンデマンドで見た旧作映画まで幅広く紹介していきます。

タグクラウド
最新ブログ記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ツイッター
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
検索
フィード
リンク
sozai by

上に戻る