映画『さよなら歌舞伎町』の感想

~あっちゃんは脱がない。~

映画「さよなら歌舞伎町」を見た感想とあらすじです。
ややネタバレもあります。
テアトル梅田で見ました。

EPSON066.JPG

あっちゃんは脱がない。
これ大前提!

脱がなきゃダメなのか?脱げば本格派なのか?って話はこの映画に限らずよく話題になるけど、
別に脱げばいいってもんじゃないけど、
脱ぐことによって説得力が出てくることもある。
ただ脱いだことだけが話題になるような映画はつまらないってこともある。

この映画に限って言えば、別にサラッと脱いどけば良かったのにねわーい
別におっぱいを鷲掴みにされる必要もないけど。
バックショットでも良いし、それがボディダブルでも良いと思うし。
ストーリー的にあの設定で全く厭らしさを感じさせるシーンがないって不自然なくらい。

別にAVじゃないんだから厭らしいシーンを過激に演じる必要なんてないけど、
厭らしさを感じさせるシーンは必要だったかなと。

歌舞伎町だし、ラブホテルだし、枕営業だしね。
イメージするのは危険、卑猥、猥雑、淫靡。
期待するにはいかがわしさに満ち溢れた世界だもの。

そう思うのと同時に、女優にはヌードシーンを期待しちゃうのに、
男優には特に期待しないのはダブルスタンダードだよなとも思う。
ネットなんかでも、前田敦子が脱がなくてガッカリと言う意見はよく見かけるが、
主演の染谷将太が脱がなくて(セクシーじゃない着替えのパンツシーンはあったけど)ガッカリだと言う意見は見かけない。
同じ映画に出てるのにね。

けど、女優だって脱げば良いと言うものでもない。
ラブホ店長、徹(染谷将太)の妹でAV女優の美優(桜井明日香)のAV撮影シーンなんてただのサービスシーンになっていた。
ベッドの上でピョンピョン跳ねて枕で男優役の男をポンポンたたいてるシーン。
確か羽毛が飛んでたかな?
美優がキャーキャー言ってたけど、男とじゃれてふざけてるのかと思ってた。
そしたら、男に組みひしがれて、おっぱい揉まれて「イヤー」とか叫びだしたので、
「あー何?さっきのじゃれてたんじゃなかったんだ。」って気づいたわ。
おっぱい見せるためだけのシーンって感じ。

EPSON064.JPG

前田敦子にガッカリだったのは何もエッチなシーンがなかったってだけじゃない。
最後にギターの弾き語りで歌を歌うんだけど、これがちっとも感動的じゃないハートブレイク
本人大泣きだったけどねドクロ

ギターの弾き語りシーンだからギターのコードくらい押さえられるように練習しとけばいいのに、
途中から顔のアップになって、あきらかにギターを弾いてないのが丸わかり。
肩一つ動いてないの。
他に印象に残るシーンなんかないんだから、コードくらい練習しろよ!と言いたくなるドクロ
俳優なんだから実際にギターを弾けなくても、弾ける風に見せてくれなきゃねー。

しかも、前田敦子に歌わせる歌が桑名正博の「月明かり」。
なんでこの選曲かな?
無理ありすぎ・・・
前田敦子世代にはピンとこない選曲だし、
桑名正博のオリジナル知ってる世代にはガッカリすぎる歌いっぷりドクロ

桑名正博の「月のあかり」はしみじみとくる汗

前田敦子批判ばっかりですが、なーんか映画自体まとまりのない群像劇だなって感じ。
「さよなら歌舞伎町」で巣立っていった先には何があるんだろう?
そこに希望はあるのかな?

歌舞伎町のラブホテルで働いていて、口では「俺はこんな所で満足する人間じゃない」なんて言いながら、
夢に向かって何一つ努力しているように見えない主人公に明るい未来があるとは到底思えないんだけど。

枕営業してデビューを夢見る沙耶(前田敦子)。
沙耶が「たかが枕じゃん。一度枕やったからって気にしすぎ。小っちゃいよ!」みたいなこと言うシーンがあって、
「はー?!」って感じ。
いやー普通超えちゃいけない一線ってあるよね?
「二兎追うものは一兎も得ず」じゃないけど、そっちの道選んだ=もう一つの道を捨てた、もしくは捨てる覚悟があるってことだと思った。

CDデビュー出来たとして、それがヒットする幸運なんてそうそう手に入るものじゃない。
夢がCDデビューでそれで満足ならそれで終わりだけど、
曲をヒットさせて、大きなホールでコンサートしてとかって夢は続いていくじゃない?
次のチャンスがきた時に、それも枕つきだったらどうするのかな?
枕はこの一回って本当に割り切れるの?

枕はCDデビューする時1回だけで、売れても売れなくてもこの先も彼氏とハッピーなんて本当にこの沙耶って子は考えてるの?
どんだけおめでたいんだショック
何かを得るためには、何かを失うってこと。
その覚悟もないなんて、共感できないわーハートブレイク

EPSON067.JPG

メビウスのイ・ウヌは相変わらず素晴らしい。
惜しげもなく豊満な肉体をさらけ出しちゃう度胸の良さと気風の良さも素晴らしい。
安っぽい恰好の衣装もリアリティあったし、あんなに大胆なのに儚げな笑顔がまた良い。

韓国人カップルのパートは他のストーリーに比べやけに比重が重いよね。
これがどうもバランスが悪いんだよね。
お風呂のシーンは良かったけど、正直「バイブレーター」を思い出しちゃった。

韓国人カップルと、家出少女と風俗スカウトマンのカップル。
2つの純愛っぽいカップルが出てきたけどどうなの?
歌舞伎町にも純愛はあると思うよ。
けど、2つって言うのはバランス的に多いかな・・・
そもそも歌舞伎町のラブホテルものなので純愛よりもっと泥臭いものを期待してたよ。

EPSON065.JPG

南果歩も良かった。
そういえば、この人もエッチなシーンがなかったね。
誰も期待してないか嫌な感じ

この映画では変なジャージ姿で冴えないおばさんを熱演してたけど、
ハリウッドスター渡辺謙の奥様としてスポトライトを浴びてる時はやっぱり綺麗よねキラーン
ハリウッドスターの奥様で悠悠自適そうなのに、こんな映画(失礼)に出て、変なジャージ姿で頑張ってる。
演じるのが好きな人なんだろなとなんだか好印象だった。

結局、135分かけて何を伝えたかったのかそれが全く見えなかった。
135分と長いので途中でだれてくるだけど、それを見越してか、ちょいちょいエッチで過激なシーンが入る。
それがストーリーに上手く絡んでこなくて、やや唐突な感じが否めない。
ほらほら、サービスシーンだよ!って感じで萎える。
女だけど。女だからか。

ヤフー映画のユーザーレビューでは3.52点ショック
いやーごめんなさい、私の勝手な採点は★一つ半で。
イ・ウヌは素晴らしかったけど、映画全体としては・・・

次におすすめしたい記事

おすすめ記事の続きを見る
  • 映画の感想を見るなら↓
    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    にほんブログ村
  • ランキング参加中。クリックプリーズ。↓
  • W座からの招待や発掘良品では映画愛を感じられる作品がラインナップされてます↓

映画レビューデータ

タイトル : さよなら歌舞伎町

ジャンル : 青春

キーワード : 官能 , 恋愛 , 群像劇 , 邦画 , 青春

評価 : 1.5つ☆ / 5つ☆

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:2

この記事のトラックバック Ping-URL
トラックバックはご自由にどうぞ。
トラックバックは承認制です。管理人が承認後アップされます。
http://www.yummy-ton.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/704
はじまりのうた|輝きを思い出させてくれてありがとう from ミニシアターで映画を 2015-02-14 00:10
映画「はじまりのうた」の感想とあらすじです。シネリーブル梅田で見ました。 スタジオを借りるお金のない彼らはニューヨークの街そのものを彼らのスタジオにした。...
やさしい人|男のロマンティックはエゴなのか? from ミニシアターで映画を 2015-02-23 14:44
映画「やさしい人」を見た感想とあらすじです。ややネタバレもあります。シネ・リーブル梅田で見ました。 中年に差し掛かった男が若い女と恋をする。若い恋は移ろい...

ミニシアター系映画好きなアラフォー女が珈琲を片手に映画を見た感想、レビューとかあらすじとか綴ってます。たまにネタバレも。

ミニシアターで観た新作映画からWOWOWやスカパー、JCOMオンデマンドで見た旧作映画まで幅広く紹介していきます。

タグクラウド
最新ブログ記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ツイッター
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
検索
フィード
リンク
sozai by

上に戻る