映画『陽だまりハウスでマラソンを』の感想

~人間老いると子どもに返るが、老いた人間は子どもではない~

映画「陽だまりハウスでマラソンを」を見た感想とあらすじです。
シネリーブル梅田で見ました。
ネタバレもあります。

EPSON155.JPG

人間老いると子どもに返るって言うけど、だからと言って当たり前だけど、老人=子どもではない。
人はいくつから大人になっていくつから老人になり、そしていつから尊厳を失っていくのだろうか?

あらすじです。

オリンピックにも出場した元マラソン選手のパウルは妻と2人で田舎で暮らしていたが、
年老いた夫婦だけで生活するのも困難になってきた。
一人娘の勧めもあり、しぶしぶ老人ホームに夫婦で入居することに。
しかし、施設での生活は子どもだましの決められたレクリエーションの連続で、パウルには受け理れ難いものだった。

そんな日々に鬱憤のたまったパウルはある日、レクリエーションから飛び出し、
うん十年ぶりに走ることにした。
現役当時練習を管理していた妻も巻き込み、パウルはベルリンマラソン完走に向け走り始めた。。。


"陽だまりハウス"なんて邦題と黄色を基調としたほのぼのしたチラシに惑わされた。
のんびり余生を過ごす平和な老人ホームで、人生の目標に目覚めた老人がフルマラソンに挑戦!みたいなほのぼの系を期待して見に行ったけど、想像してたよりもシビアな現実がそこにはあった。
が、これはこれで面白かった。

看護士がお年寄りに、子どもに話しかけるような口調で話すのが不快に思う人が最近増えていると聞くが、私もそう思う。
人間歳をとると子どもに返ると言うが、だからと言って、老人は子どもではないし、子ども扱いするのはいかがなものだろうか?
年取って衰えたからといってその人の築いてきたものが失われる訳ではない。
歳をとって人の手を借りるようになった途端、大人だった人間は老人になり、やがて尊厳を失っていく。

施設で行われる子どもだましのレクリエーション。
これは現実にもあるんだろうね。
規則正しく生活を送らせるには何かさせなきゃいけないんだろうけど、年取った人たちに何をさせたら良いんだろう?
無理をさせずに難しくもなく身体的にも負担のないもので手持無沙汰にならないもの。
で、結果、歌うったったり、簡単な子供だましの工作みたいなものとか。
自分の意志でやる分には趣味と言えるものなんだろうけど、誰かに強制されるのは御免こうむりたいものだ。

では、実際に施設でどう過ごせば良いのか?
大人なんだから本人の意志に任せればって気もするが、
施設からしたら一括で管理しちゃった方が好き勝手されるより楽だし、人件費も削減できるんだろうね。

この先ネタバレありますので、ご注意を!!!!!


EPSON156.JPG

パウルに影響されて浮足立つ施設の住民たち。
それは生活に潤いや刺激を見だした人間の本来の姿だった。
しかし、自己主張をしだした人間を一括管理するのは至難の業。
そこで、施設はパウルに走ることを禁じ、パウルは施設から飛び出した。

結局、娘の所に居候し、ベルリンマラソン目指して猛特訓するパウルだった。
そんな中、妻マーゴが病に倒れ帰らぬ人に。
妻が亡くなり、娘との確執も広がり施設に戻されるパウル。

施設に戻っても、走り続けたパウルは、ベルリンマラソンに出場する。
施設のみんなもこっそり施設を抜け出して応援スタジアムに応援に向かった。
1人1人とゴールのスタジアムに戻って来る選手たち。
そこにパウルの姿はない。
みんなが固唾をのんで見守る中ようやくパウルがスタジアムに戻って来た。
満員のスタジアムの観客の拍手で迎えられるパウル。

その後の施設での生活は、少し潤いに満ちたものに変わった。


老いることは誰にも避けられない。
老いるということ、老いてから目標や刺激、潤いを満たすことの難しさ、そして大切さを考えさせられた。

深く染み渡る映画だった。

もう少し施設の他の老人たちのエピソードがあったらもっと楽しめたかな。

妻とパウロの関係が、妻と夫ってより母と息子みたいな側面もあって、なんだかなぁと少し思った。
我儘なボクをなんでも許してくれるお母さん、それはいつまでも男の理想なんだろうね。
けど、女だって甘えたい。我儘言って、イイ子イイ子されたいんだけどね。

ヤフー映画のユーザーレビューでは3.85点。
私の勝手な採点は★3つ。

星星星


【作品情報】

  • 監督:キリアン・リートホーフ
  • 脚本:キリアン・リートホーフ、マルク・ブルーバウム

次におすすめしたい記事

おすすめ記事の続きを見る
  • 映画の感想を見るなら↓
    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    にほんブログ村
  • ランキング参加中。クリックプリーズ。↓
  • W座からの招待や発掘良品では映画愛を感じられる作品がラインナップされてます↓

映画レビューデータ

タイトル : 陽だまりハウスでマラソンを

ジャンル : ドラマ

キーワード : マラソン , 人生賛歌 , 老い

評価 : 3つ☆ / 5つ☆

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

この記事のトラックバック Ping-URL
トラックバックはご自由にどうぞ。
トラックバックは承認制です。管理人が承認後アップされます。
http://www.yummy-ton.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/730

ミニシアター系映画好きなアラフォー女が珈琲を片手に映画を見た感想、レビューとかあらすじとか綴ってます。たまにネタバレも。

ミニシアターで観た新作映画からWOWOWやスカパー、JCOMオンデマンドで見た旧作映画まで幅広く紹介していきます。

タグクラウド
最新ブログ記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ツイッター
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
検索
フィード
リンク
sozai by

上に戻る