映画『間奏曲はパリで』の感想

~フランス人とは超えてはいけない一線が違う~

映画「間奏曲はパリで」を見た感想とあらすじです。
テアトル梅田で見ました。
ネタバレもあります。

EPSON159.JPG

この映画を見て感じたことは以下2つ。

イザベル・ユペールの可愛らしさは奇跡。
フランス人と私は多分超えてはいけない一線が違う。

あらすじです。

フランスのノルマンディ地方で畜産業を営む夫婦。
子どもも巣立ち、牛に囲まれ平凡な毎日を送っていた。

夫グザヴィエは妻ブリジットを愛いているが、ブリジットはなんとなく満たされない思いを抱えていた。
ある日隣家のパリで暮らす娘が週末帰って来て、学生仲間を引き連れパーティーを開いた。
そこでブリジットは周りの学生とはちょっと違う魅力的な若い男性スタンと出会う。
些細な会話も楽しく、スタンに忘れていたときめき憶えた。

ブリジットは胸に広がった湿疹に悩んでおり、パリの皮膚科に行くとことを口実に1人週末旅行に出かけた。
パリでささやかな冒険旅行を1人楽しむブリジット。
スタンの働くアパレルショップを訪ねて。。。

一方、グザヴィエはブリジットの行動を不審に思い、こっそりパリに向かい。。。


イザベル・ユペール、60歳(制作年時多分)とは思えぬ可愛らしさ。
息子と変わないだろう歳の男とイチャついても可愛いから許せてしまう。
この可愛らしさは奇跡だよね。

そう奇跡なんだよ。

普通のおばちゃん(特に田舎に住んでるおばちゃん)はあんなに綺麗でも可愛くもない。
しかも、あんなに簡単に素敵な男性と巡り合うこともなければ、
その素敵な男性がおばちゃんに恋心を抱くことはほとんどない。

これ、ある種のファンタジーなのかな?

なんとなく満たされない思いを抱えて生きている主婦と言う設定はすごく共感できるにっこり
その満たされない気持ちを男で癒してしまうのは、何だか禁じ手な気がする。
モラルというか、そこは夫婦関係の根幹に関わる大問題なんだと思うのだけど、
私の頭が固いのか、フランス人のセックスやパートナーに関する考え方が根本的に違うんだかなんだか・・・


パリの町中で日本人観光客が何回か映ってる。
マスクしてパリを観光してたり苦笑い、オペラ鑑賞してたり。
あーそれがフランス人から見た今どきのthe日本人なんだね。

この先ネタバレもあるので、ご注意を!!!!!


EPSON160.JPG

パリに週末1人旅に来たブリジットはスタンと再会する。
しかし、そこにいたのは、自分勝手で子どもっぽい年相応の若い男の子だった。

ブリジットは宿泊しているホテルで今度は魅力的で年相応なお相手、ジェスパーと出会う。
2人はパリの街をデートし、なんとなく離れがたい気持ちになり、結局一夜を過ごしてしまう。

一方、ブリジットの行動に不安を抱いたグザヴィエはパリまでこっそり追ってきた。
そこで、ジェスパーとウキウキお出かけするブリジットを見かけてしまう。
ショックを受けたジェスパーは、息子を訪ねる。

息子は曲芸師の学校に通っていたが、グザヴィエはそれに良い顔をしていなかった。
しかし、初めて息子の技を見たグザヴィエは息子を理解出来たようだった。

傷心のまま家に帰ったグザヴィエは手伝いの男(名前忘れた)に、
「昔、グザヴィエも浮気したからお互い様。あの時、ブリジットは毎日泣いていた。愛しているなら許してあげて。」と諭される。

週末旅行を終え、何もなかったかのように家に帰って来たブリジット。
グザヴィエはブリジットと死海へ旅行に行くことに。
夫婦再生の旅が始まった。

おわりみたいな。


なんかねー。
浮気されて、それでそんなに簡単に相手のこと許せるのかな?
浮気されたからと言って、速攻離婚みたいに結婚生活ってそんなに簡単に破たんできないと思うけど、
相手を許すのにはそれ相当に時間が必要なんじゃないかな?

夫婦生活に愛も必要だけど、愛だけじゃ成り立たない。
逆に愛が満たされないからと言って、簡単には終われない。
だって生活かかってるから。

だからこそ、何か満たされない思いを抱えて生きてる大人が多いのだろうし、
相手を思いやることも大切なのだと思うのよね。


そこ踏み外しちゃうと後戻りできない。
みたいなある一線があると思うんだよね。
私にしたらブリジットの取った行動はアウト!

パートナー以外にときめいてしまうのまではOKだけど、最後の一線を越えてしまった時点でアウト。
そこ超えてしまうと、女はあんなにあっさり引き返せないと思う。
満足しないながらもかろうじて今までとどまっていた枠から飛び出して、味わってしまった快楽。

平凡な日常に戻ったら、再び刺激を求めてしまうのではないのかな?

まぁ、この映画はファンタジーだからね。


パリを満喫するブリジットは素晴らしく可愛らしいし、
ブリジットを変わらずずっと愛し続けるちょっと不愛想で不器用なグザヴィエも、
そして、ブリジットの一晩過ごすジェスパーも素敵。

そして、なにより、パリの街が魅力的。

ヤフー映画のユーザーレビューでは3.88点。
私の勝手な採点は★2つ。
★★

Tag : 夫婦 , 恋愛

次におすすめしたい記事

おすすめ記事の続きを見る
  • 映画の感想を見るなら↓
    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    にほんブログ村
  • ランキング参加中。クリックプリーズ。↓
  • W座からの招待や発掘良品では映画愛を感じられる作品がラインナップされてます↓

映画レビューデータ

タイトル : 間奏曲はパリで

ジャンル : ロマンス

キーワード : 夫婦 , 恋愛

評価 : 2つ☆ / 5つ☆

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

この記事のトラックバック Ping-URL
トラックバックはご自由にどうぞ。
トラックバックは承認制です。管理人が承認後アップされます。
http://www.yummy-ton.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/732

ミニシアター系映画好きなアラフォー女が珈琲を片手に映画を見た感想、レビューとかあらすじとか綴ってます。たまにネタバレも。

ミニシアターで観た新作映画からWOWOWやスカパー、JCOMオンデマンドで見た旧作映画まで幅広く紹介していきます。

タグクラウド
最新ブログ記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ツイッター
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
検索
フィード
リンク
sozai by

上に戻る