映画『パレードへようこそ』の感想

~誰かの為に何かを成し遂げることの尊さ~

映画「パレードへようこそ」のあらすじと感想です。
シネ・リーブル梅田で見ました。
ややネタバレもあります。

EPSON196.JPG

何かを成し遂げることはとても大変だ。
それが自分の為だとしても。
他人の為なら尚のこと。

情けは人の為ならず。
誰かの為に何かを成し遂げることの尊さを教えてくれる。
そして、それは誰の為でもなく、自分自身の為なのだと。

あらすじです。

1984年夏、ロンドン。
サッチャー首相が発表した20カ所の炭坑閉鎖案に抗議するストライキが、4カ月目に入ろうとしていた。
炭鉱労働者のストライキの報道を見たマークは政府、警察に迫害されても抵抗するする炭鉱労働者の姿に共感した。
マークは炭鉱労働者は迫害されているゲイと同じ立場だとして、彼らをサポートするLGSM(レズビアン&ゲイの炭坑夫支援会)を立ち上げ、募金活動をすることに。

しかし、ゲイとレズビアンの活動家である彼らを受け入れる炭鉱団体はなかった。
そこで、マーク達は直接、炭坑に支援を申し入れ、LGSMをロンドンの支援団体と勘違いしたウェールズの炭坑町が募金を受け入れることに。

多額の募金をしたLGSMがウェールズに招待されて行ってみると、そこは保守的な田舎の炭鉱町だった。
最初はゲイとレズビアンである彼らを受け入れる街の人は少なかったが、彼らと交流することで互いに理解を深めることが出来た。
しかし、偏見を捨てきれない町民もいて、LGSMを受け入れるかどうかの裁決が下されることに。


田舎町の田舎臭い髪型や服装のザ田舎のおばちゃんが無邪気にゲイ達と交流したり、ロンドンに来て都会の過激なゲイスポットで楽しんだりする姿には見てるこちらまでもウキウキしてきた。
おばちゃん達のややお下劣なゲへへみたいな笑いもなんか可愛いなと思い、彼女たちに共感出来たのは私が彼女たちと近い年齢だからってことだけでもないと思う。

ここまで田舎臭い髪型や服装に徹する女優達はなかなかお見かけしない。
イギリスの女優だからかなにっこり
すごいリアリティがあって、良かったよダブルハート

この先ネタバレもあるのでご注意を!!!!!

EPSON197.JPG


結局、賛成派の大多数がロンドンで楽しんでる隙に、欠席裁判で多数決の結果LGSMは拒絶された。
落胆するLGSMのメンバー達。

そして、その後色々あって1年後、大々的なゲイパレードがロンドンで開催されることになり、LGSMのメンバーも参加することに。
なんと言っても、このラストのゲイパレードの場面が圧巻。
各地の炭鉱の団体がゲイパレードに参加した映像には、言葉よりも多くの力を持っていた。

彼らがしたことは決して無駄ではなかった。
たった9人で始めたマイノリティの彼らの起こした小さなステップが大きな波紋を呼んだ。
1986年労働党大会でゲイの人権が認められたのだ。
後押ししたのは全国の炭鉱労働者団体だった。


ヤフー映画のユーザーレビューでは4.37点。
私の勝手な採点は★4つ半ハート

情けは人の為ならず。
誰かの為に何かを成し遂げることはとても尊い。
そして、それはいずれ自分の血となり、肉となり、力になる。

次におすすめしたい記事

おすすめ記事の続きを見る
  • 映画の感想を見るなら↓
    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    にほんブログ村
  • ランキング参加中。クリックプリーズ。↓
  • W座からの招待や発掘良品では映画愛を感じられる作品がラインナップされてます↓

映画レビューデータ

タイトル : パレードへようこそ

ジャンル : ドラマ

キーワード : ゲイ , ロンドン , 友情

評価 : 4.5つ☆ / 5つ☆

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

この記事のトラックバック Ping-URL
トラックバックはご自由にどうぞ。
トラックバックは承認制です。管理人が承認後アップされます。
http://www.yummy-ton.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/739

ミニシアター系映画好きなアラフォー女が珈琲を片手に映画を見た感想、レビューとかあらすじとか綴ってます。たまにネタバレも。

ミニシアターで観た新作映画からWOWOWやスカパー、JCOMオンデマンドで見た旧作映画まで幅広く紹介していきます。

タグクラウド
最新ブログ記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ツイッター
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
検索
フィード
リンク
sozai by

上に戻る