映画『ギリシャに消えた嘘』の感想

~名作映画のような趣~

映画「ギリシャに消えた嘘」を見た感想とあらすじです。
シネリーブル梅田で見ました。
ネタバレもあります。

EPSON166.JPG

舞台は60年代のギリシャ。
映画の趣も60年代そのもの。
読後感(観後感?)は古い名作映画を見たかのような満足感。

あらすじです。(公式HPより)

1962年、ギリシャのアテネでツアーガイドをしている米国人青年ライダル(オスカー・アイザック)が、パルテノン神殿で優雅なアメリカ人紳士チェスター(ヴィゴ・モーテンセン)とその妻コレット(キルスティン・ダンスト)とめぐり合う。リッチで洗練された夫妻にたちまち魅了されたライダルは、彼らのガイドを務め、楽しい夕食のひとときを共にする。ところがその夜、チェスターがホテルの部屋に現れた探偵を殺害し、ライダルがその後始末を手助けしたことから3人の運命は激変。実はチェスターは大勢の投資家を欺き、大金を奪った詐欺師だったのだ。船とバスを乗り継ぎ、偽造旅券が届くクレタ島へ向かう道中、ライダルはコレットと親密な関係となり、嫉妬心に駆られたチェスターは平常心を失っていく。やがて警察の捜査網にも追いつめられた3人は、もはや後戻りできない破滅への道を突き進んでいくのだった...。

EPSON167.JPG

これ、実は期待してなかったけど、案外面白かった。
「太陽がいっぱい」「リプリー」の原作者として知られるパトリシア・ハイスミスのサスペンス小説「殺意の迷宮」が原作ということで納得。
クラシックで極上なサスペンス。
ヒッチコックとかポアロとかコロンボとか、テレビでやってるとついつい見てしまうような王道好きにもお勧め。

騙すか騙されるか。
乗るか反るか。
最後に笑うのは誰だ?

最後までハラハラさせてくれて、目を離せない展開が続いた。

キルステン・ダンストの60年代風のファッションもクラシックでエレガント。
キルステンの古典的な美しさも際立っていた。
この人、自分が美しいなと思うようなタイプではないんだけど、この映画ではひたすら美しかった。

ヤフー映画のユーザーレビューでは3.82点。
私の勝手な採点は★3つ。
★★★

次におすすめしたい記事

おすすめ記事の続きを見る
  • 映画の感想を見るなら↓
    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    にほんブログ村
  • ランキング参加中。クリックプリーズ。↓
  • W座からの招待や発掘良品では映画愛を感じられる作品がラインナップされてます↓

映画レビューデータ

タイトル : ギリシャに消えた嘘

ジャンル : サスペンス

キーワード : 60年代 , クラシック , サスペンス

評価 : 3つ☆ / 5つ☆

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

この記事のトラックバック Ping-URL
トラックバックはご自由にどうぞ。
トラックバックは承認制です。管理人が承認後アップされます。
http://www.yummy-ton.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/731

ミニシアター系映画好きなアラフォー女が珈琲を片手に映画を見た感想、レビューとかあらすじとか綴ってます。たまにネタバレも。

ミニシアターで観た新作映画からWOWOWやスカパー、JCOMオンデマンドで見た旧作映画まで幅広く紹介していきます。

タグクラウド
最新ブログ記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ツイッター
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
検索
フィード
リンク
sozai by

上に戻る