映画『グッド・ライ~いちばん優しい嘘~』の感想

~盛り込みすぎて色々描き足りない~

映画「グッド・ライ~いちばん優しい嘘~」を見た感想とあらすじです。
大阪ステーションシネマで見ました。

goodlie.jpg

感動ものなんだろうけど、あんまり感動しなかったかなぁ。
焦点が縛られてないというか、なんか欲張りすぎ?
と言っても決してつまらなかったと言うわけでもないんだけど。

劇場内ではすすり泣きも聞こえたので、感じ方は人それぞれよね。

あらすじです。(グッド・ライ~いちばん優しい嘘~@映画.comより)

1983年アフリカ大陸のスーダンで内戦が始まり、両親や家を奪われた10万人以上の子どもたち。10数年後、「ロストボーイズ」と呼ばれた彼らを全米各地へ移住させるという実際におこなわれた計画を元にしたヒューマンストーリー。

スーダンから到着した難民マメールと2人の仲間を空港まで迎えに行くキャリー。カンザスシティーの職業紹介所で働く彼女に与えられた任務は彼らの就職の斡旋だった。電話を見るのも初めて、マクドナルドもピザも知らない彼らに最初はイラつくキャリーだったが、彼らの成長を見守る中、次第に友情が芽生え、彼女の生き方さえも変わっていく。


映画冒頭では、スーダンで村を破壊され両親を虐殺され孤児となった子ども達がアフリカ大陸を横断し、命からがら難民キャンプへ辿り着くまでが描かれている。
これが結構長々時間を割いて悲惨な状況を描いているのですが、状況がシリアスなのにあんまり緊迫感が伝わってこないのはなんでなのかな?

内戦で追われ難民キャンプを目指して逃げると言うと、昔見た「キリング・フィールド」を思い出すけど、「キリング・フィールド」の残忍さとか絶望感とか悲壮感とか、そういったものがこの映画では全く伝わってこなかったんだよね。

正直、リアルに描く気がないのだったらこんなに時間かけなくてもいいんじゃないかなぁ?とか思っちゃった。
ここで感動のエピソードを盛り込んでおかないと、題名の「グッド・ライ(優しい嘘)」に意味がなくなっちゃうんだけど。
乱暴な言い方だけど、私としては、そのエピソード自体いらないんじゃないのかなって。

「ロストボーイズ」と呼ばれ、全米各地に移住したスーダン難民たちのその後、こっちにスポット当てて、いかに努力してアメリカに馴染んだか、アメリカで幸せを勝ち取ったのか、もしくは、アメリカに馴染めずにどんな現状に陥っているのか。
その辺をリアルに映像化した方が面白かったと思うし、私はそれを見たかった!


海外ドラマネタとしては、
キャリーの上司ジャック役でLaw&Order LAのセクシーはげ刑事TJ役でお馴染みのコリー・ストールが出てた。
相変わらず、セクシーはげ健在だったわハート


この先結末に係わるネタバレがあるのでご注意を!!!!!

!!!!!


孤児たちが難民キャンプを目指す途中で、兄弟の最年長でみんなのリーダーだったテオが弟マメールをかばい、一人連れ去られてしまう。
残された、マメール、ジェレマイア、ポール、そして、アビタルの4人はなんとか難民キャンプにたどり着き、救われた。
難民キャンプで何年か過ごした後、ラッキーなことに4人はアメリカに移住出来ることになった。

アメリカについたが、兄弟でも男女同居は認められないとして、マメール、ジェレマイア、ポールの3人はカンザスシティーへ、アビタルだけがボストンへと引き離された。
カンザスシティーでは職業紹介所のキャリーが仕事探しを手伝うことに。。。

最初は、仕事を紹介したらさようならとビジネスライクに3人と接するつもりだったキャリーだったが、やがて3人との距離が縮まっていった。
やがて、キャリーがホストファミリーになることで、アビタルもカンザスシティーに住めることになった。

これで、4人で仲良くカンザスシティーで暮らせると思ったが、アビタルの元にテオが生きていると連絡が入る。
自分を助けてくれたテオを今度は自分が助ける番だと考えたマメールはスーダンに戻り、大使館に掛け合うことに。

スーダンに戻ったマメールは無事テオに再会するが、どこの大使館もテオのビザを発行してくれなかった。
マメールはテオに「アメリカに行く手はずが整ったよ」と嘘をついて、空港に連れて行く。
テオに自分のパスポートを手渡し、「僕のふりをして、僕の代わりにアメリカに行って」と告げる。

テオがマメールの代わりにカンザスシティーに到着すると、そこにはジェレマイア、ポール、アビタル、そしてキャリーが待っていた。
マメールはスーダンに残ったが、マメールの顔は清々しく、微笑んでいた。
(完)


個人的には、テオの件はバッサリいらないかなドクロ
テオのエピソードを盛り込むなら、マメールがスーダンでテオを探す時ももっとすっごい苦労して再会しないとリアリティがない。
マメールが大使館にビザを依頼するのを諦めちゃうのも、アッサリし過ぎ。
描き方が中途半端なんだよね。

涙あり、笑いありで色々盛り込みたかったんだろうけど、テオのエピソードがご都合主義で嘘くさく感じちゃうんだよね。
「ほら、すごい良い話を盛り込んだぜ。」みたいな。

テオ、多分、少年兵としてすっごい恐ろしく苦しい体験をしたんだよね。
PTSDとか精神的にも問題を抱えていそうなのに、そういったことが一切描かれていない。

再会して良かった。
アメリカ行けて良かった。
そんなもんじゃないんじゃないのかな?

もちろん、映画だから尺の問題もあって、そこまで詳しく描けないんだろうけど、テオのエピソードを盛り込むなら、ここをメインにして、マメール、ジェレマイア、ポールの3人のアメリカ珍道中的エピソードは流しちゃって良かったんじゃないのかな?


私はマメール、ジェレマイア、ポールの3人のアメリカ珍道中的エピソードをもっと見たかったので、そこを深く描いて、テオのエピソードはバッサリ切り捨てちゃった方が良かったと思った。
アメリカでの苦悩とか、アフリカへのホームシックとか、差別、偏見とかもっと色々深く描く所があったんじゃないかな?

マメール、ジェレマイア、ポールの3人のアメリカ珍道中的エピソード、電話を知らないとか、ピザ食べて感動とか、あのくだりはベタだけど、面白いかったハート

実際に「ロストボーイズ」としてアメリカに渡った人達のリアルな今を知りたかった。


そうは言っても、感じ方は人それぞれで実際、場内にはすすり泣きも聞こえた。
ヤフー映画のユーザーレビューではなんと高得点の4.32点!
私の勝手な採点は★2つ。

★★

なんか、ハリウッド映画で日本が描かれてる時に感じるような「なんか違う」と言うような居心地の悪さを感じた。
ご都合主義過ぎて、「薄っぺらい良い話」ように感じられてしまうのが勿体ない。

次におすすめしたい記事

  • 映画の感想を見るなら↓
    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    にほんブログ村
  • ランキング参加中。クリックプリーズ。↓
  • W座からの招待や発掘良品では映画愛を感じられる作品がラインナップされてます↓

映画レビューデータ

タイトル : グッド・ライ~いちばん優しい嘘~

ジャンル : ドラマ

キーワード : アフリカ , 内戦 , 貧困 , 難民

評価 : 2つ☆ / 5つ☆

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:1

この記事のトラックバック Ping-URL
トラックバックはご自由にどうぞ。
トラックバックは承認制です。管理人が承認後アップされます。
http://www.yummy-ton.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/735
映画・グッド・ライ〜いちばんやさしい嘘〜 from 読書と映画とガーデニング 2015-07-04 12:56
原題 THE GOOD LIE2014年 アメリカ 1983年、内戦に揺れるアフリカ・スーダン南部北軍による突然の襲撃で...

ミニシアター系映画好きなアラフォー女が珈琲を片手に映画を見た感想、レビューとかあらすじとか綴ってます。たまにネタバレも。

ミニシアターで観た新作映画からWOWOWやスカパー、JCOMオンデマンドで見た旧作映画まで幅広く紹介していきます。

タグクラウド
最新ブログ記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
ツイッター
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
検索
フィード
リンク
sozai by

上に戻る